豚肉生産大国の中国、2016年は世界最大の輸入国に=初の100万トン突破を予測

画像1
豚肉の生産、消費大国として知られる中国だが、2016年は世界最大の輸入国になるとの見通しが出された。
配信日時:2016年4月16日(土) 8時20分
豚肉の生産、消費大国として知られる中国だが、2016年は世界最大の輸入国になるとの見通しが出された。

参考消息網がロイターの報道として伝えたもので、業界関係者は16年の輸入量が初めて100万トンを突破すると予測。前年の77.7万トンに比べると28%以上の増加だ。背景には2年前の価格低迷や政府が新たな環境保護規定を推し進めたことで多くの養豚業者が市場から撤退したことがあり、15年にその数は約500万に上った。大部分は小規模業者で、農業が盛んな山東省のある業者は「規模の小さな業者には無理。大きな損失が出た」と述べた。

中国統計局の1月の発表によると、15年の豚肉生産量は5487万トン。前年比で3.3%縮小した。(by Yamaguchi)

おすすめ記事

厳選!ザ・ワールド 動画

アクセスランキング