訪日韓国人がこぞって訪れるディスカウントストア、彼らは何を買っているのか?

画像1
日本を訪れた韓国人は土産に何を買っているのか。韓国メディア・インサイトがこのほど、訪日観光客の口コミで評判が高い「ドン・キホーテで買えるお薦めアイテム」を15挙げ報じた。写真は東京・新宿のドン・キホーテ。
配信日時:2017年11月29日(水) 11時0分
日本を訪れた韓国人観光客の間でドラッグストアやディスカウントストアが人気だ。大阪や東京、福岡と向かう旅先は違えど、多くの人が行く街々でそうした店に立ち寄りお土産を買っているらしい。

菓子や酒類といった食品から医薬品まで、日本土産の定番を含む幅広い品ぞろえと、百貨店などとは異なる割安な価格設定が人気を集めているようで、中でも「驚安の殿堂」とうたう大型ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の名は韓国でもよく知られている。K−POPアイドルの日本旅行の様子を追った番組では、メンバーらがドン・キホーテで買い物を楽しんでいた。

では韓国の人たちは土産に何を買っているのか。韓国メディア・インサイトがこのほど、訪日観光客の口コミで評判が高い「ドン・キホーテで買えるお薦めアイテム」を15挙げ報じた。

ラインアップをみると、「熱さまシート」や「のどぬーる ぬれマスク」(ともに小林製薬)、目のための温熱シート「めぐりズム」シリーズ(花王)、液体ばんそうこうの「サカムケア」(小林製薬)や「ヒビプロ」(メンソレータム)など、一工夫ある医薬部外品類がまず挙がっている。

また、柔らかなバラの香りが人気という「エビータ ビューティホイップソープ」(カネボウ)や「肌ラボ 極潤」シリーズ(ロート製薬)といったスキンケア商品、口紅を落ちにくくしてくれるという「マジカルステイリップコート」(リンメル)など、美容に敏感な韓国女子注目のアイテムも。

このほか、「メガネクリーナふきふき」(小林製薬)や目薬「リセ」(ロート製薬)、入浴剤「ゲルマバス」(石澤研究所)、サプリメント「なかったコトに!」(グラフィコ)、洗眼薬「アイボン」(小林製薬)、子ども用風邪薬「ムヒのアンパンマンシロップ」(池田模範堂)などが挙げられた。

食品では2種。「淡泊な味で老若男女誰にでも愛される菓子」と紹介された「うまい棒」(やおきん)と、酒類で唯一、「韓国でも売られているが日本で買う方がはるかに安い」と、缶チューハイ「ほろよい」(サントリー)が挙がった。(by Minami)

おすすめ記事

厳選!ザ・ワールド 動画

アクセスランキング