中国のアウトバウンド市場を支える若い世代、特徴は「自由、スマート」

画像1
人民網とアリババ傘下の旅行サイト・飛猪が25日、中国の「80後」「90後」を中心とする世代の海外旅行に見られる特徴をまとめたレポートを発表した。イメージ写真。
配信日時:2017年9月27日(水) 8時21分
人民網とアリババ傘下の旅行サイト・飛猪が25日、中国の「80後(1980年代生まれ)」「90後(1990年代生まれ)」を中心とする世代の海外旅行に見られる特徴をまとめたレポートを発表した。総括すると「自由、スマート、体験重視、お金を惜しまない」という言葉で表現できるという。中国新聞網などが同日付で報じた。

レポートによると、若い世代は中国のアウトバウンド市場の主力となっており、「80後」「90後」が全体に占める割合は78.9%に上る。居住地別では北京、上海、広東、四川、重慶などが多いほか、近年急速な発展を遂げている雲南、江西、湖北、安徽、河南で海外に行く人が高い伸び率で増加。旅のスタイルは81%がフリープランの旅を選択し、特に今年海外でドライブ旅行を楽しんだ人は前年比337%増となった。また、「より多くの国を訪れたい」という傾向も目立ち、「今年2-5カ国を旅した」という人は前年比1ポイントダウンの52%、「6カ国以上」という人は7ポイントアップの30%。このほか、15%の人が人気目的地トップ20以外の国・地域を選んでおり、飛猪の北極ツアーでは申込者の6割を30歳前後が占めたそうだ。

さらにレポートは「若い世代にとって旅行は重要なイベント」と指摘し、10月1日からの国慶節(建国記念日)連休では休みを取って早めに出発する「80後」が4割近くに上ることや、現地情報の入手など事前に入念な準備をした上で出発する人が多いこと、現地到着後にさまざまなアクティビティーを申し込む人が増えていることを説明。若い世代が旅先での「コト消費」や現地で撮った写真のネット投稿をとりわけ好むことを取り上げたほか、収入水準が上の世代に追い付いていない一方、消費レベルは肩を並べていることなどを指摘している。(by Yamaguchi)

おすすめ記事

厳選!ザ・ワールド 動画

アクセスランキング