中国の2016年住宅販売、面積・金額ともに過去最高を記録

画像1
中国の2016年の住宅物件販売面積、販売額がともに過去最高に達したことが中国国家統計局の先ごろの発表で分かった。イメージ写真。
配信日時:2017年1月27日(金) 8時20分
中国の2016年の住宅物件販売面積、販売額がともに過去最高に達したことが中国国家統計局の先ごろの発表で分かった。

経済参考報が23日付で報じたもので、販売面積は15億7300万平方メートル、販売額は11兆7600億元(約193兆5200億円)に達し、それぞれ前年から22.5%、34.8%増えた。このほか、不動産開発に投じられた費用や施工面積、新規着工面積、竣工面積、土地の成約額も軒並み増加。不動産開発業者の土地取得面積は3.4%減となった。

同紙によると、中国の住宅物件の販売面積は2010年に初めて10億平方メートルを突破し、13年には13億平方メートルを超えた。14年、15年は縮小が見られたものの、16年は一気に15億平方メートルの大台に。販売額が初めて5兆元(約82兆2800億円)を超えたのも10年で、6年間で約2倍に拡大したこととなる。(by Yamaguchi)

おすすめ記事

厳選!ザ・ワールド 動画

アクセスランキング